お電話でのご相談はこちら 

main_title
main_image
漢方はり治療では症状を「冷」と「熱」の二つに大きく分類して考えます。
この「冷え」や「熱」を改善するようなつぼにハリをします。
ハリは経絡の気の流れを調節するだけなので、決して痛くはありません。
最後に婦人科疾患には著効があるとする「三陰交」というつぼにお灸をします。
このお灸は少し熱さを感じますが心地良い程度の熱さで、やけどなどは一切残りません。

生理痛
月経異常
つわり
不妊症
更年期
生理痛
寒:
下腹や、腰が痛くなる生理痛の多くは冷えと関係しています。女性は、骨盤内が冷えると、生理は遅れがちで、月経血は薄くサラサラとなり、生理期間は一週間くらい長く続きます。
あまりに大量出血のときは頭がズキズキと痛みます。
多くは生理中に下痢します。
冬や、過度の冷房により悪化します。

熱:
腹痛や腰痛も時にはあるのですが特徴的なのは生理前になると、やたらイライラしてヒステリックになってしまうことです。
多くは生理前に便秘して生理中は快便になります。
熱があると生理は早く来て月経血は少なくて濃く、時には血の塊が混じります。


上へ
月経異常
寒:
下腹や、腰が痛くなる生理痛の多くは冷えと関係しています。

熱:
腹痛や腰痛も時にはあるのですが特徴的なのは生理前になると、やたらイライラしてヒステリックになってしまうことです。


上へ
つわり
寒:
普段から寒がりで、温かい飲み物を好み、産毛が濃く、疲れやすく、おなかを横に振ると「チャポチャポ」と水の音がするような方に多く、「吐き気」ではなく、「実際に吐いてしまう」つわりになります。嘔吐を繰り返しているうちに食道が傷つき、痛みと血痰を伴います。

熱:
妊娠すると母体は体の芯に熱を持つようになります。
その熱が胃腸に内攻すると吐き気や嘔吐を引き起こします。
げっぷが多くなり、不快感が強く、イライラしがちです。


上へ
不妊症
寒:
現在日本において、一番多い不妊症のタイプです。体が寒にさらされる事により、全ての機能の低下をきたします。手足が冷えやすい、風邪をひきやすい、下腹が冷たい、腰が冷える、生理中に下痢をする、生理後に貧血症状が現れる等は全て「寒」に分類されます。

熱:
身体の真に熱が多いため、生理前になるとさらに熱が上半身や胸に集中し、胸がモヤモヤしたり動悸がしたり、ちょっとした事でイライラする様になります。
また、やたらと食欲が旺盛になり便秘します。
婦人科の機能も亢進するため、子宮への血液供給が過多となり生理周期は短く、月経血は濃くなり、あまり熱が増すと、ゼリー状になります。
また「寒」と「熱」が混在している方もいます。


上へ
更年期
漢方医学では更年期にでてきた症状を「冷え」と、「血流」に関連付けて考えます。

血行過多:
顔のほてり、めまい、発汗、動悸、肩こり、頭痛、耳鳴りなどは、主に「のぼせ」から出てくる症状です。
憂うつ感、イライラ感、記憶力減退、不眠などの精神神経障害も、この「のぼせ」による、胸への熱の停滞により引き起こされます。

冷え:
上半身に血の気を取られている分、下半身は血の気が少なくなっています。血行が少なくなると今度は「冷え」を伴います。腰痛、下腹部痛、足冷、むくみなどは、血行過少による「冷え」からもたらされた症状です。


上へ
院長ブログ
院長ブログ

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 漢方はり治療
 適応症について
 婦人科疾患
 治療方法
 料金・保険治療
 治療院紹介
 受付時間・所在地
 モバイル半額クーポン

清洲鍼灸治療院
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。